2007年01月06日

コントロール調整・その後

昨日も暇な時間は相変わらずパンヤのコントロール調整をしておったのですが、実験のため作ったサブサブ垢で適当に大会やストロークでPP貯めつつコントロール値とパンヤ率の調整兼練習をしておりました。

で、まあ。
何というか。激しく疲れました。

まず最初に、大会の間中延々と号泣アイコンを出しまくってはパンヤが出ないとかメダルが欲しいとか終わったとかまたボギーとか呟き続け、ぶち切れたっぽい他の参加者に「少し落ち着いてくれませんか」と言われるような人とご一緒する事態になりました。疲れました。
次に入った大会は何か同じクラブの人が2人ほどいて片方が悪い意味で古舘伊知郎タイプ(延々と調子こいた口調でチャット乱れ打ちしまくる)でした。
最後に入った大会は「あ、パーだ」とか「イーグル取れた」とか自分の成績をホールクリアごとに呟き続ける人がいまして他の参加者の人もそれに便乗して延々と成績暴露大会になっていました。

疲れたので大会に出るのをやめる事にしました。

で、6Hを2人で回るストローク対戦がちょうどあったので入ってみました。部屋主は私と同じキャラ、同じランクなんですが装備品が全部初期値の人でした。(こっちはCP装備をそれなりに調えてた)何というか慣れもあるんでしょうが下手でした。まあ仕方ないか。中の人も本物ルーキーっぽいし。
するとラスト2Hというところでその人が急に聞いてきました。

「失礼ですがCPいくつぐらいあまってますか?」

何だそりゃ。
と普通なら思う所でしょうが、私は大会に疲れて脳味噌が回らなくなっていたので反射的に所持CPを素直にゲロってしまいました。
それがまずかった。
まあ要するにくれくれ君だったのです。もうしつこいしつこい。残り2H回る間自分の打つ番がタイムアウトになるまで、終わった後もささやきで延々と何か買ってください買ってください買ってください買ってくdあああああうるせぇぇぇ!!!
分かったよ買ってやるよ買ってやるからもう黙れ粘着するな!

というわけで何故か見知らぬ人にエアナイト2をプレゼントしてしまいました。その後ささやきで1時間近く延々と説教してやりました。気がついたらFL登録していましたえーといつの間に?ちょっと冷静さを失っていたようです。

で、今朝目が覚めてからその理不尽さと自分の間抜けさについてしみじみ感じ入り反省しました。しばらくその垢(何と♂垢だったり)で接続するのはやめよう。うん。


肝心のコントロール値ですが、ペナルティ込みで24まで上げるとパワーが25キープできる事が判明。でも24だといまいちなんですよね…どうしたものか。と悩んでいたのですがふとキャディによる効果を思い出してロロから懐かしのポンタに変更。コントロール+1で25です。
これが大当たり。パンヤも特殊ショットもいい感じに決まります。問題はキャディがポンタじゃないと駄目って事なんですが。まあいいかポンタで…
シニアになったらペナルティ減少でキャディを自由にできるはずなんですが、ジュニアになってから大会以外ほとんど出ていないので未だにジュニアDです。もうすぐCか。もうすぐと言っても大会にあと30回ぐらい出ないと駄目っぽいですけど……
posted by 滝井 at 12:32| Comment(0) | Pang Ya | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。